BIOPAC MPSYSTEMシリーズ アプリケーション

生体インピーダンス測定


一般的な体脂肪計は体に微弱な電流を流しインピーダンスを測定して算出しています。MP SYSTEMでは汎用の生体インピーダンスアンプをラインアップしており、体全体ではなく特定の部位が時系列にどのように変化しているか計測することができます。これによって水分摂取時の変化や、長時間負荷による変化など様々なアプリケーションに対応します。


[構成例]
MP150WS 基本システム
EBI100C 生体インピーダンスアンプ
LEAD130 インピーダンスアンプシールドリード線



トランスデューサのキャリブレーションとグラフスケーリング方法についてはこちら アプリケーションノート#101
生体電位アンプのキャリブレーション方法についてはこちら アプリケーションノート#102
アンプの基線オフセットの調整方法についてはこちら アプリケーションノート#110
データの削減手順についてはこちら アプリケーションノート#121
モバイルバッテリパックの使用方法についてはこちら アプリケーションノート#136
AcqKnowledgeデータをExcelへ出力する手順についてはこちら アプリケーションノート#143
TSD108生理音マイクの使用例についてはこちら アプリケーションノート#153
EDA(GSR)測定のアンプ設定等のガイドラインについてはこちら アプリケーションノート#187
ハードウェアAPIを用いたMPシステムの制御についてはこちら アプリケーションノート#218

 
Clip to Evernote