BIOPAC MPSYSTEMシリーズ アプリケーション

眼電図測定


MP SYSTEMの基本システム「MP150」に眼球運動用アンプ「EOG100C」を組み合わせることにより眼球運動を波形として集録することが可能です。1台のアンプで横もしくは縦の一方向の記録ができます。2台で縦と横、4台で両眼それぞれの縦と横方向の記録を可能とします。

AcqKnowledge を組み合わせることにより、眼球の縦方向と横方向をX-Yループで描かせることにより2次元での動きをモニタすることが可能です。またキャリブレーション を行うことによって、眼球の動きを角度で表すことができ、角速度や角加速度の算出、サッカードの検知などにも対応します。



[構成例]

MP150WS 基本システム
EOG100C  眼球運動用アンプ
電極類




トランスデューサのキャリブレーションとグラフスケーリング方法についてはこちら アプリケーションノート#101
生体電位アンプのキャリブレーション方法についてはこちら アプリケーションノート#102
アンプの基線オフセットの調整方法についてはこちら アプリケーションノート#110
X/Yループエリアの解析手順についてこちら アプリケーションノート#120
データの削減手順についてはこちら アプリケーションノート#121
モバイルバッテリパックの使用方法についてはこちら アプリケーションノート#136
AcqKnowledgeデータをExcelへ出力する手順についてはこちら アプリケーションノート#143
ハードウェアAPIを用いたMPシステムの制御についてはこちら アプリケーションノート#218


 
Clip to Evernote