BIOPAC MPSYSTEMシリーズ アプリケーション

テレメータ

bn-set

テレメータ式のシステムは被験者と機器の間に無線技術を利用し、被験者を拘束せず、フィールドでの運動や操作、作業時における生体信号の取込を可能とします。

BIOPAC社製のMPシステムでは小型送信機を用いたテレメータシステム「BIONOMADIX」を販売しています。一つの送受信機で2チャンネルの計測ができるように設計されています。脳波/心電図//筋電図/眼球運動/皮膚電気反応/呼吸など各計測指標に応じたテレメータをご用意いたしました。


特徴
● 様々な計測の組み合わせが可能
(心電図/脳波/胃電図/筋電図/眼球運動/呼吸/心拍出量/皮膚電気反応/温度/加速度)

● 最大16チャンネル

● AcqKnowledgeによるリアルタイム処理に対応

● カメラ映像との同期





[構成例]
1.筋電図8チャンネル
MP150WSW  基本システム
BN-EMG2 テレメータ式2チャンネル筋電図用アンプ 4台
電極類

2.心電図測定
MP150WSW  基本システム
BN-ECG2 テレメータ式2チャンネル心電図用アンプ
電極類

3.自律神経評価
MP150WSW  基本システム
BN-RSPEC テレメータ式 呼吸&心電図アンプ
BN-PPGED テレメータ式 脈波&皮膚電気活動アンプ



BioNomadix アクセサリー

BioNomadix アクセサリー

テレメータカタログ※ PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。




トランスデューサのキャリブレーションとグラフスケーリング方法についてはこちら アプリケーションノート#101
TEL100 リモートモニタリングシステムについてはこちら アプリケーションノート#103
アンプの基線オフセットの調整方法についてはこちら アプリケーションノート#110
データの削減手順についてはこちら アプリケーションノート#121
パワースペクトル解析についてはこちら アプリケーションノート#122
TEL100C-RF リモートモニタリングシステムについてこちら アプリケーションノート#126
モバイルバッテリパックの使用方法についてはこちら アプリケーションノート#136
AcqKnowledgeのレート検出アルゴリズムについてはこちら アプリケーションノート#142
AcqKnowledgeデータをExcelへ出力する手順についてはこちら アプリケーションノート#143
ハードウェアAPIを用いたMPシステムの制御についてはこちら アプリケーションノート#218

 
Clip to Evernote