BIOPAC MPSYSTEMシリーズ アプリケーション

心電図測定


心電図は心臓の活動に伴って発生する電位を計測した波形です。BIOPAC社製心電図用アンプ(ECG100C)と組み合わせてご利用いただくことにより、心電図の測定を行うことができます。心電図アンプ1台で心拍モニタとしての計測や、複数台用いて6誘導や12誘導心電図の記録も可能です。

AcqKnowledgeソフトウェアでは、RR間隔の検出や心拍の算出のみならず、心拍変動(LF/HF)の算出や波形認識からQT、RT、PQ、PR、STなどの間隔も簡単に検出します。




特徴
● 心拍モニタや12 誘導計測も可能
● 胸部誘導、四肢誘導に対応
● MRI対応アンプもリリース
● 波形認識や心拍変動の解析に対応



トランスデューサのキャリブレーションとグラフスケーリング方法についてはこちら アプリケーションノート#101
生体電位アンプのキャリブレーション方法についてはこちら アプリケーションノート#102
3、6および12誘導心電図を最小システム構成で取込む方法についてはこちら アプリケーションノート#109
アンプの基線オフセットの調整方法についてはこちら アプリケーションノート#110
脈波伝播時間と速度の計算方法についてはこちら アプリケーションノート#117
X/Yループエリアの解析手順についてこちら アプリケーションノート#120
データの削減手順についてはこちら アプリケーションノート#121
パワースペクトル解析についてはこちら アプリケーションノート#122
心拍変動の解析手順についてはこちら アプリケーションノート#129
MPシステムのハードウェア加算平均についてはこちら アプリケーションノート#131
モバイルバッテリパックの使用方法についてはこちら アプリケーションノート#136
AcqKnowledgeのレート検出アルゴリズムについてはこちら アプリケーションノート#142
AcqKnowledgeデータをExcelへ出力する手順についてはこちら アプリケーションノート#143
AcqKnowledgeでの心電図解析についてはこちら アプリケーションノート#148
TSD108生理音マイクの使用例についてはこちら アプリケーションノート#153
12誘導心電図を同時に取込む方法とシステム構成ついてはこちら アプリケーションノート#206
ハードウェアAPIを用いたMPシステムの制御についてはこちら アプリケーションノート#218


ディスポーザブル電極 12誘導用リード線

心拍変動 トレンド表示(瞬時心拍/R-R 間隔) 

波形認識

心拍変動解析

 
Clip to Evernote