基本システム

 

BSL
Student Labの基本システムは、次のように構成されます。
■ 実習専用ソフトウェア「BSL Lesson」
■ 汎用ソフトウェア「BSL PRO」
■ データ計測ユニット「MP36」
■ 実習マニュアル
■ 各種トランスデューサ


Student Labはアプリケーション別に、基本システムを多数ラインアップしています。各システムの違いは構成に含まれるトランスデューサが異なります。トランスデューサは単体での販売もしていますので後で追加することも可能です。




  Basic Adv Ult HPY APH BIO EXP PSY BME PHA
Lesson1
EMGⅠ 筋電図基礎

Lesson2
EMGⅡ 筋電図応用

         

Lesson3
EEGⅠ 脳波計測基礎

Lesson4
EEGⅡ 脳波計測応用

Lesson5
ECGⅠ 心電図基礎

Lesson6
ECGⅡ 心電図応用
Lesson7
ECG&Pulse 心拍数
       
Lesson8
RSP 呼吸サイクル
           
Lesson9
GSR&ポリグラフ
           
Lesson10
EOG 眼球運動基礎
Lesson11
反応時間
       

Lesson12
呼吸流量Ⅰ

     

Lesson13
呼吸流量Ⅱ

     
Lesson14
バイオフィードバック
           
Lesson15
有酸素運動
           
Lesson16
血圧測定
       
Lesson17
心音測定
       




BSLBSC(BASICシステム)
ハードウェア、ソフトウェア、ケーブル類が含まれています。Lesson用ソフトウェアとマニュアルを使用することにより筋電図、心電図、脳波など6レッスンを行うことが可能です。

BSLADV(ADVANCEDシステム)
BASICシステムに加えて、脈波、GSR、呼吸、反応時間、皮膚温度の計測を行うためのトランスデューサが含まれます。ADVANCEDシステムでは全17レッスン中14レッスンを行うことが可能です。

BSLULT(ULTIMATEシステム)
ADVANCEDシステムに加えて、血圧、心音、握力を計測するためのトランスデューサを含み、17レッスン全てを行うためのトランスデューサを含んだシステムです。また刺激モジュール等も付属していますので、すでに用意されているレッスン以外の実習や研究用途などに幅広くお使いいただくことができます。

BSLHPY(人間生理学用システム)
人間生理学用システムは、人間の循環機能に関する計測や解析を行うためによく使用されるトランスデューサや電極を含むシステムです。主に計測できる項目は心電図、呼吸流量、血圧ですが、筋電図、眼球運動、胃電図、握力等の計測も可能です。

BSLAPH(動物生理学用システム)
動物実験や組織実験によく使用される刺激反応モジュールや電極等を含んだシステムです。神経反応などの実習やご研究にお勧めのシステムです。

BSLBIO(生物学用システム)
全システムの中で一番多くの付属品が含まれ、多種多様な実習、計測及び解析に対応するシステムです。人間を対象にした実習や研究用途にはもちろん、動物や組織実験にも対応します。

BSLEXP(運動生理学及びバイオメカニクス用システム)
運動生理学でよく計測される指標を測る為のトランスデューサを含んだシステムです。オプション類を更に追加することにより呼気代謝測定や関節角度の測定等、さらなる拡張が可能です。

BSLPSY(精神心理学及び神経生理学用システム)
心理学でよく用いられる自律神経系の指標を測る為のトランスデューサを含んだシステムです。心理的動揺による生理反応の計測や解析にお勧めです。

BSLBME(医用工学用システム)
生体の信号を計測し工学的に信号を解析したり、ブレッドボードにより回路設計を行うことが可能です。信号処理やハードウェア開発等の基礎知識習得にお勧めです。

BSLPHA(薬理学及び毒性学システム)
薬理学及び毒性学システムは動物を用いた薬理実験によく使用される刺激反応モジュール、電極、張力計、血圧計を含んだシステムです。薬理実習やご研究にお勧めのシステムです。